管理職

取締役

大澤 晴久

入社のきっかけは?

前職を辞めてフリーランスのエンジニアになって、その時に知り合いの紹介でEDIXをご紹介頂いてそこから働き始めたっていうのが最初ですね。初めはアルバイトみたいな形で3日間だけECサイト開発のプロジェクトのヘルプで契約していました。PJはリリース間近で、慌ただしい雰囲気で少しピリッとしていたのですが、吉岡代表が現場に来た途端、パッと明るい雰囲気に変わった事を覚えてます。あとは、御辞儀や普段の所作がすごく綺麗な人だなーという印象を持っています。働いている時にもう一週間来てくれませんか?来月も来てくれませんか?と継続して仕事をしていった結果、気付いたら入社した感じです。僕としてはすごい特殊な形で入社したのかなっていうのが印象があります。

取締役になって変わった事は?

自分自身もエンジニアとして仕事もしているのですが、その時は1ヶ月、2ヶ月先を見ていれば良かったのですが、取締役は3年先を見て考える必要がある。でそういった意味で脳味噌の使い方が全然違う印象です。あとは関係各位との合意形成であったり、社員がワクワクするビジョン、みんなが入りたくなる魅力的な会社づくりとか、自分自身がそういったとこに関わっていると思うと、エンジニア時代と全く違うなって思います。すごくやりがいがあると思います。

EDIXのエンジニアに求める事は?

EDIXの入社された方の多くは、こういう仕事がしたいとか行きたいとか自分の目標があるんだけど、前の会社だとちょっと実現できないからEDIXに入社された方が多いです。メンバーのみんなは目的とかビジョンを自分なりに持っている人が多いんですね。それをたぶん色々な人から色々言われて諦めちゃおうかなとか、やっぱり出来ないじゃないかなって考えて発信しない人がいます。自分のビジョンとかやりたい事をもっと発信していいと思ってるので、メンバーの方々には、自信を持ってこうしたいって言うって事はすごい大事なのかなって思います。そうすれば自ずと周りは応援してくれたり、自分もやる気になるので、自己発信っていうのはもっと自信持っていただけたらと思っています。もっと自分の気持ちに素直に。自分を信じてあげてください。

 

TOP
TOP